巻き爪・陥入爪・開張足補正の自由が丘ひばり整爪院(東京都世田谷区)

アクセス

自由が丘駅正面口より徒歩3分

〒158-0083
東京都世田谷区奥沢7-1-3
自由が丘ランディックスビルIIB1

地図はこちら

受付時間・休診日

診療時間・休診日

診療時間(予約制)
月・火・木・金・土曜日
 午前…10:00~13:00
 午後…15:00~19:00
第1・第3・第5日曜日
 午前…10:00~13:00
※最終受付は診療終了時間30分前
休診日
水曜日、第2・4日曜日、祝祭日

ご予約・お問い合わせ

巻き爪・フットケア外来

03-6459-5492

FAX: 03-6459-5493

お問い合わせフォーム ※メールでのお問い合わせの注意点

リンク

自由が丘ひばり整爪院 スタッフブログ

セルフケア(プレートの応急処置編)

 

器具が外れてしまった、または爪甲から浮いている場合の対処法

部分的に浮いている状態

部分的に浮いている状態

大幅に浮いている状態

大幅に浮いている状態

応急処置01

←器具が外れかかっている場合は歩行に支障が無ければテーピング等で指先を1周巻いて保護して過してください。(1日1度はテープを貼り替えます。)
ペディグラスの場合:縦方向からもテーピングを行います。(画像中央)

応急処置02

浮いているプレートが気になる場合

応急処置03

邪魔な場合はピンセットのような先の細い薄い物でプレート下から愛護的にゆっくりと滑らせ剥がします。※軽く行って外れない場合は無理はしないようにしましょう!※爪が割れます。

応急処置04

残りの浮いてる部分はニッパーや爪切りでカットします。部分的に剥がれてしまっている場合も同様で指先をテーピング等で覆って保護してください。

応急処置05

引っ掛かり感が気になる場合はその部分をヤスリで削る、もしくはニッパーでカットしてヤスリで削ります。
                
※もし巻き爪等による痛みが出てきた際にはこちらをご参考ください。→『自分でできる!セルフケア』

▲このページのトップに戻る