巻き爪・陥入爪・開張足補正の自由が丘ひばり整爪院(東京都世田谷区)

アクセス

自由が丘駅正面口より徒歩3分

〒158-0083
東京都世田谷区奥沢7-1-3
自由が丘ランディックスビルIIB1

地図はこちら

受付時間・休診日

診療時間・休診日

診療時間(予約制)
月・火・木・金・土曜日
 午前…10:00~13:00
 午後…15:00~19:00
第1・第3・第5日曜日
 午前…10:00~13:00
※最終受付は診療終了時間30分前
休診日
水曜日、第2・4日曜日、祝祭日

ご予約・お問い合わせ

巻き爪・フットケア外来

03-6459-5492

FAX: 03-6459-5493

お問い合わせフォーム ※メールでのお問い合わせの注意点

リンク

自由が丘ひばり整爪院 スタッフブログ

セルフケア(巻き爪編)

巻き爪や陥入爪における応急的なセルフケアの紹介です。
爪が巻き込んでいたり、爪を短く切りすぎてしまって爪が喰い込み皮膚を刺激して痛い時などに自分で行える一時的に有効な方法です。

コットンパッキング

爪の長さがある程度ある巻き爪の場合、小さく丸めた(米粒大位の大きさ)のコットンを喰い込んでいる爪と皮膚の間に挟んで痛みを緩和します。

コットンパッキング(横・正面)

しかしコットンの大きさが大きすぎると、皮膚を圧迫したり、爪を浮かせる力が強く働き爪甲剥離(爪と皮膚の部分が離れる)状態になる可能性があるので注意が必要です。
あとは衛生的な問題ですが、不要な感染症等を防ぐ為にも毎日入浴後にコットンは入れ替えましょう。

テーピング

爪の長さがあまりない状態でコットンを挟むことの困難な巻き爪や陥入爪の場合、テーピングによる応急処置がおススメです。
テーピングで側爪郭(爪の脇の皮膚)を下に下げることにより、爪が皮膚に埋没したり、喰い込むのを一時的に防いでくれます。

テーピングの方法

また、テープを二重・三重と重ねて貼ることにより皮膚を下げたり固定する力が増します。
注意点としては接触性皮膚炎(かぶれ)予防の為テープは毎日交換する・テープにしわを作らない事や運動機能が低下する為二つの関節にまたがって貼らない、趾の付け根をテープでぐるぐる巻きにしない(血行不良となるため)等があげられます。

テーピングの方法

▲このページのトップに戻る