東京都世田谷区 自由が丘ひばり整爪院(巻き爪・フットケア外来)

アクセス

自由が丘駅正面口より徒歩3分

〒158-0083
東京都世田谷区奥沢7-1-3
自由が丘ランディックスビルIIB1

地図はこちら

受付時間・休診日

診療時間・休診日

診療時間(予約制)
月・火・木・金・土曜日
 午前…10:00~13:00
 午後…15:00~19:00
第1・第3・第5日曜日
 午前…10:00~13:00
※最終受付は診療終了時間30分前
休診日
水曜日、第2・4日曜日、祝祭日

ご予約・お問い合わせ

巻き爪・フットケア外来

03-6459-5492

FAX: 03-6459-5493

お問い合わせフォーム ※メールでのお問い合わせの注意点

リンク

自由が丘ひばり整爪院 スタッフブログ

フットケア

 

フットケアに関して

長寿となり健康への意識が高くなった現代、いつまでも自分の足で歩く健康寿命が重要視されております。
フットケア(足各部のケア)は見た目の精神衛生面だけで無く、新陳代謝アップなどの効果も得られます。それに加えて痛みや違和感を軽減して足裏や足周囲のセンサー機能を高めることが出来るので、歩行にも良い影響を与えます。巻き爪陥入爪だけで無く足全体の健康を意識しましょう!

フットケアイメージ

フットケアの種類

爪切り
爪切り
巻き爪の方にも安心の技術で爪切りを行います。巻き爪防止にもなりますので、ぜひ一度お試しください。
足全体の爪切り:¥1,650 
肥厚爪の調整(趾1本):¥2,200
足全体の爪切り+爪周囲のお掃除や厚さの調整(足爪全部なのでお得です。):¥5,500~¥11,000(肥厚爪の本数により価格変動します。)
小指の爪ケア
小指の爪ケア
小指の爪はとても小さく、大人でも1センチほどです。
そのため、爪切り時に傷つけてしまったり、ぶつけて爪が欠けてしまったりすることも多いでしょう。
小さな爪ですが体を支える大切な爪ですので、ケアが大切です。
肥厚した爪を削るのみ(小趾1本):¥2,200
小趾割れ爪を補強・形成/変形の矯正:¥2,200~¥6,600~(状態により施術内容が変わります。初回は衛生処理代¥1,100~が別途掛かります。)
爪の割れ等のケア
爪の割れ等のケア
爪切り時に深爪してしまったり、ぶつけて折れてしまった爪。
放置してしまうと、炎症や巻き爪の原因になってしまう可能性があります。
状態に応じたフットケアをご提案していきます。
割れ爪を補強&形成:¥3,300~¥6,600(状態により施術内容が変わります。初回は衛生処理代¥1,100~が別途掛かります。)
タコ・ウオノメ
タコ・ウオノメ
足裏の皮膚のある部分に繰り返し圧迫・刺激が加えられてできるタコ・ウオノメ。
正しいフットケアを行うことで、再発の防止、早期回復が見込まれます。
タコ・ウオノメ1カ所:¥2,750~¥4,400(大きさや深さにより価格変動します。)

フットケアの重要性

足の裏の事について簡単に考えられがちですが、全身を支える重要な土台となる場所です。
私たちが住んでるお家でも同様に、基礎となる部分がしっかりしていないと建物が傾いたり色々なトラブルに見舞われてしまいます。

体を支える三点

体重は足の踵、親指、小指の3点によって支えられているのはご存知でしょうか?
この体重が掛かる点のバランスが崩れて偏ってしまうと足の変形やタコ・ウオノメ等の原因に繋がります。

タコ・ウオノメの除去

フットケアをすることにより、足裏のバランスを正常に保ち、以上に挙げた物の他にも、足下のポンプ作用を高めて冷えやむくみを改善してくれたりとさまざまな体のトラブルの防止につながります。

▲このページのトップに戻る

タコ・ウオノメ

タコ・ウオノメは足の一部分に圧迫力が加わり続けた際に、それに対抗しようとして皮膚が厚くなる反応のことを言います。
固くなった部分を削ることはもちろんですが、無理な圧力がかかっていないか、靴はあっているかなど、足そのもののケアも重要になります。

  1. STEP1
    角質肥厚が著明な場合は角質軟化剤にてその部分を約5分程かけて柔らかくします。
  2. STEP2
    クレド(ステンレス製のタコ&ウオノメ専用カッター)で肥厚した角質を除去します。
  3. STEP3
    マシンにてさらに角質を除去していきます。
  4. STEP4
    タコ・ウオノメの除去に必要なアタッチメントを使い滑らかにしていきます。
  5. STEP5
    処置の最後に痛みの有無や削り残しがないか入念にチェックします。
  6. STEP6
    ハーブ素材の保湿クリームを塗布し保湿、血行促進させます。

※タコ・ウオノメの発症の原因として、足の変形や足の機能異常が考えられます。

※1回の処置では完治できず定期的な通院が必要となります。タコ・ウオノメのできる期間をご自身でご確認ください。

尚、タコ・ウオノメを放置すると歩行等のバランスが崩れ、膝や腰に必要以上の負担をかけることになりますので定期的ケアをおススメいたします。

タコとウオノメの違い

表皮のみならず皮下に向かっても起こるため、神経や血管、骨を圧迫するために大きさは関係なく強い痛みを発します。

ウオノメ(魚の目)は、皮膚の一部に対して連続で刺激を与えた場合角質層が厚くなる症状で、中心に魚の目に似た「芯」ができ、その部分が圧迫されつづけると痛みが増すというものです。

角質増殖が皮表に向かって起こります。

一方タコ(たこ)は、ウオノメと同じように、連続した刺激で角質層が厚くなるもの。魚の目とは違い、「芯」がなく、
加圧された部分全体が黄色っぽく硬くなるのが特徴です。

タコやウオノメをそのまま放置すると痛みをかばう為、さらに歩き方のバランスは崩れて膝や腰が痛くなったり肩凝り等の原因にもなる可能性がありますので、早めにご相談ください。

お問合せ・ご予約はこちら

基本料金

タコ
1箇所(小)¥2,750 (中)¥3,850 (大)¥4,400
ウオノメ
1箇所(小)¥2,750 (中)¥3,850 (大)¥4,400

▲このページのトップに戻る